読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうもこんにちは

やるんやで

アメリカに行ってました 1日目

久しぶりにブログを書きます。

この一か月間何してたかというと、アメリカ行ったり、

実家に帰省してダラダラしてたりしました。

アメリカは旅行っていうか何というか微妙な感じだったんですけど、

まぁ、普通に観光で行ってきました。

ボストンとニューヨークを6泊8日?で回ってきました。

その様子を自分自身で顧みるのも含めてブログにしたいと思います。

 

1日目、2日目と区切っていきますが、それは体感での日数なので

実際には時差の関係で複数日またぐこともありますけど気にしない気にしない。

 

 

まず!一日目!

成田からシカゴ経由でボストンへ行きました。

 

 

f:id:mitzunori:20170318023557j:plain

まず、成田まで行くのにかなり体力を消費してました。

東京から遠すぎるんじゃ!と毎回キレてます。

乗った航空会社はユナイテッド航空でした。友達はマイルがいくらいくら溜まるーと

言ってたのですが、僕はカードを持っていないので関係ない話でした。(今になって後悔している)

 

友達と機内持ち込みできるサイズの荷物しかもっていかないと決めていたので搭乗は比較的楽?だったと思いますが、キャリーのサイズがギリギリだったので、

割とハラハラしてました。結果、成田では足止めを食らうことなくすんなりと

飛行機に乗ることが出来ました。

フラグを立てておきます。

 

成田からシカゴまでのフライト時間は約11時間。

飛行機の中はひたすら退屈との勝負でした。こんな長い時間飛行機の上で過ごしたことなかったので、最初はドキドキしてましたが。

一つ気になったのはCAの年齢層です。国をまたぐ飛行機はベテランのCAが就くとか決まりがあるんですかね?マダムみたいなおばさんばかりでびっくりしました。

ちなみに機内食です。

f:id:mitzunori:20170318024938j:plain

機内食はまぁ、こんなもんかって感じでしたね。

機内食は二回出ました。あと、スナックみたいなお菓子も一回?でましたね。

日本のおつまみでした。

 

飛行機の中では映画が見れるんですけど、日本の映画だと

『君の名は』とかありました。

僕は「何者」を見て、就活嫌すぎて鬱になってました一人飛行機の上で。

 

 

 

f:id:mitzunori:20170318030408j:plain

そんなこんなでシカゴに着きます。

シカゴは気温14度!東京が2度とかそこらだったので温度差で死にかけます。

でも次に向かうのはボストン。寒そう。

体壊すんじゃないかと思いながら乗り換えをします。

アメリカでは最初に降り立った場所でイミグレーションを受けます。

僕は台湾ぐらいしか海外に行った事が無かったのでよく知りませんが、

アメリカのイミグレーションは厳しかったように思えます。

最低でも、「泊まるホテル名」「何泊するか」「所持金」ははっきりと答えられたほうがいいと思います。

僕は、まぁ、3、4個の質問で終わったんですが、

一緒にいた友達がかなりキツく質問攻めにあってました。怖い。

 

 

 

f:id:mitzunori:20170318030307j:plain

アメリカの洗礼を受けつつ、ボストンへ。

シカゴからボストンは1時間半くらいのフライト。

東京からアメリカは友達と席が隣だったのですが、今回は離れていました。

僕はアメリカ人とサンドイッチ状態で、ストレスを受けながらひたすら到着を待ちます。

 

着いたら夜の8時。

面白いのが日本を出た日にちと同じということ。日本との時差が13時間で、

同じくらいの時間飛行機に乗るので、

出発と到着の時間があまり変わらないという面白い現象が起きます。

飛行機の上でガッツリ寝てるのに日にちは変わらないという違和感が凄い。

 

飛行機の連続でさすがに疲弊してたので速攻でホテルに向かって、

シャワーを浴びてサッサと寝ました。

これで一日目終わりです。

翌日から、ボストン市内を観光します。

 

 

 

アウトドアにやられた

最近、妙高山に行って五日間ぐらいスキー合宿行ってきました。

それが最高で最高で、それからというものアウトドア欲がすごいです。

スキーは八年ぶりくらいで、久しぶりにもほどがあったんだけど、

五日後にはさすがに体になじんでいました。

五日間毎食ごきげんなご飯で、

深夜型人間の自分にはまぶしい生活を送っていました。

 

色々な先生と会ったんだけど、アウトドア(野外運動)をしている人ってなんか魅力的だよね。なんでだろう。

そんな先生と話をしていてやりたいことが出来ました。

大学三年生の夏は本当に遊べる最後だと思うので、

絶対にやりたいと思います。

 

 

まず、釣り!

海釣りでも川釣りでもいい。なんか今年のシマノのリールはいい感じだから

シマノの7000円くらいのリール買って、絶対釣りに行く

次に、キャンプ!

テントじゃなくてコテージでもいいからそういうの絶対やる

あとは、パドルサーフィン

これは本当に今やりたいやつ

どこで出来るのかわからないけどやりたくてしかたない

 

 

全部できるか分からないけど、今ある熱を夏までキープしたいと思います。

欲しいゲーミングマウス

ゲーミングマウスってどうなのー

って思う人がいるけど、私は必須だと思います

というか、パソコン毎日する人はゲームするしないに限らずオススメ

ハードな使用に耐えるように作られているし、

手の形に合うように色々なモデルがあるので、

多分自分好みのマウスがあるはず多分

 

初めてゲーミングマウスを買うときは

何を基準に見ればいいのか分からないと思うので、一般的な基準を挙げると

●有線

 有線か無線かでまず大きく分かれる。けど、ゲーミングマウスの殆どは有線だと思う。バスパワーで動くので電池切れとか充電とかの必要がないし、ゲーミングマウスに限らず、有線のマイクはいいですよと宣伝
●大きさ、形

 まず、マウスの持ち方は大きく分けて「つかみ持ち」「つまみ持ち」「かぶせ持ち」とある。まぁ、ざっくり言えば手のひらで持つのか、指先で持つのかの違いです。持ち方によってマウスの高さが違ってくるのでそこを基準に決めるといいかも。あと大きさ。ゲーミングマウスはほぼ海外のメーカーなのでサイズが大きいことが多々ある。
●dpi

 ドットパーインチ。一インチ動かすあたりにマウスがどんだけ動くのかみたいな。最大値よりも、細かく調整できるかどうかが大事だと思う個人的に

 

 

 

次に、個人的に気になるポイントを挙げます

●マウスの材質

 ゴムでカバーされてる場合とか、マットになってる仕様のものがある。爪で取れちゃいそうなものだと汗とかちょっとひっかいたとかで傷がついてはがれてきちゃうかもしれない。だったらツルツルがいいかっていうとそうでもなくて汗で滑っちゃうようになる。難しいところで、ココは触ってみないと分からない。質感が良いマットな素材がベスト

●親指のゴム

 これも同じくゴムがあるかないか。基本、手汗で滑らないようにゴムが付いてるマウスが多いんだけど、ゴムってどうしても劣化する。ゲーミングマウスは何年も長く使うことを想定してないからそれでもいいんだろうけど、自分は長く使えるマウスが欲しいから劣化する要素は少なければ少ないほどうれしい。手汗とかでゴムの接着剤とかが出てきて滲むようになったりしたら最悪(実体験)

●ホイール

 意外と見落としがちだけど、ホイールがダメになることが多い。レビューとかもよく見てホイールが上部な奴が良い。

 

基本的に上の二つを意識します。

 

 

 

 

 

 

で、個人的に気になっているメーカーを挙げます

G403 prodigy 良さそう

ロジクールってパソコンのデバイスを広く浅く作ってるイメージがあったんだけど気のせいかな?最近はプロゲーマーのスポンサーとかでよく見るし、力入れてていい感じっぽい。あと値段が良い。

  • Razor

Deathadder  最適解だけどゴムが

今、自分もDeathadder使ってるんだけどこのマウスは値段、性能、形、全部いい感じ。Razorはオタオタしいデザインが良いよねって感じ。deathadderはオススメだから、よくわからなかったら買っときゃええねんって感じ。

  • Roccat

ここから本命。

超有名!ってわけじゃないけど、上の条件を満たしてるし、ドイツのメーカーってとこで質実剛健ぽくていい感じそう。値段もチョイ張るけど、長く使えそうだし良いなーって思ってます。

  • Zowie

これも良いなーって思ってる。

シンプルで長く使えそう。IE3.0っていう名作マウスのクローンとして考えられてるんでしょうかね。一つ分からないのはZowieってメーカーなのかBenQってメーカーなのかってこと。BenQがもしかして買収したとかそういう感じですかね。

 

 

今度マウス買いに行くのでコレをメモに実際触って決めたいと思います。

センターの話

○○な話ってタイトル続けるの恥ずかしいので次で止めます

もっと私的なブログにしたいので、すっごいくだらない事書きます

 

大学のテストが終わりいよいよ春休みです。

先週、センター試験が終わったようでこの時期はソワソワしてしまいます。

受験生のみんなー!センターは大事だから死ぬほど気合入れろよー!

センター前には絶対言えない応援を言っておきます。

実際、センター試験ってすごく大事で、ここでしくってしまうと

その先の一か月ぐらいを地獄のような気持ちで過ごさなくてはいけないので

精神衛生上、センターはスパッと気合を入れておいた方が良いのです。

センター試験を私は三度も受けたので、そこそこ記憶のウェイトが大きく

思うことも多いです。

受験中に聞いていた音楽とかめっちゃ覚えてるしね。

 

アジカンの新しい世界、未だ見ぬ明日に

フジファブリックの赤黄色の金木犀


フジファブリック (Fujifabric) - 赤黄色の金木犀(Akakiiro No Kinmokusei)

 

はセンター中に聞いてたせいもあって、たまに聞くと

心がギュッとしてしまいます。

 

結局その時のセンターで今の大学行ってるわけで、

人生何が起こるか分からないよなーと思うのでした。

人生が二つあるならもう一つは芸術系の道に行きたいね。

 

 

youtubeの貼り付けテストでした。

 

ラーメンズの話

いきなりラーメンズの話

ラーメンズ、知名度がどれだけあるのかしらないが

サブカル好きからは椎名林檎レベルでもてはやされてるお笑い芸人

それがラーメンズ

中学校の時に、偶然見たバニー部で激ハマりしてすべての講演を

セリフ暗記するレベルで見ました

 

最近はライブをせずに、それぞれ別の活動をしていて

小林賢太郎は主に舞台で活躍して、一人コントや演劇を行っていたり、

フランスでライブをしていたりしています。

片桐仁は舞台に出たり、エレキコミックと一緒にエレ片としてコントをしています。最近ではドラマ99.9に出たり、テレ東でいつの間にかレギュラーを持ってたり謎のブレイクをしている男、それが片桐。

もうラーメンズとしてライブをしないのかなーって思っていたら、昨年

「カジャラ」としてコンビではないけど共演をしたので、ライブも近いのかなーって希望をちょっとだけ今は持ってます。

そんなラーメンズ2017年になって、youtubeに今まで行っていた公演を全編アップし、(DVDになっている本公演だけだけど)

無料で見られるようになりました。すごい

改めて自分も見てみたいので、個人的に好きなコントを載せます。

 

本当に個人的なものなので、どう思っても知りません。あと、上の方は正直誰が見てもそう思うようなありきたりなものになると思うので、見どころは下の作品です。

 

  • 採集

はい、出ました採集。怖いコントとかで調べると出てくるよね。コバケンの演技力と片桐の最後の表情が見どころ。でも一つ言いたいのは最初に見るラーメンズはこれであってほしくない。ラーメンズ全体でもかなり異質なコントだから色々見た後に見てほしい。

  • 心理テスト

ラーメンズの代表作。オンバトで初めて500kb行ったコントだったような気がする。会話のテンポが良い。ポン、ポン、ポンと笑える。公演よりもオンバト版の方が好き、個人的には。

フラッシュで有名。このコントだけでCDが作られたりした。千葉!滋賀!佐賀!

今考えるとこの言葉遊び系は後期ラーメンズっぽいのかなーって

アメリカ版がDVDに収録されているけどフラッシュの奴とはちょっと違う。

  • 読書対決

これも代表作、って言っても知っている人の為の代表作(?)。初期のコントっぽい雰囲気が良い。なにこれっていうラーメンズの世界が現れてていいよね。オンバトのチェスっぽいゲームやるコントっぽい。

  • バニーボーイ、バニー部

これも知っている人のための代表作。バニーボーイ、バニー部と二作あるコバケンがバニーに扮していろいろやるコント。面白いし分かりやすいしアホっぽくて好き。多分女性人気が高いコントだと思う(偏見)

これも代表作。というか代表作しか挙げてない。ギリギリギリジンジン。女性Voでカバーされてて結構ビックリした。個人的にはギリジンツーリストが一番好き。

 

ここからはちょっとマイナー。ていっても有名どこ

  • イモムシ

コバケンの演じる女らしいイモムシが見どころ。メタモルフォーゼ。いや、面白いでしょこのコント。女性人気が高そう(偏見)

  • 絵描き歌

クジラのお話。最初の片桐の歌で笑う。でもなんか最後にはほっこり。これがラーメンズのいいとこの一つ。最後ほっこり

  • 科学の子

これも最後ほっこり。科学君のオッサン臭いところが良いよね。タイムマシンの話とか結構面白いし、中学校の時にこのコントを見たときはホントに勉強になった気分がした。

  • アトムより

これもほっこり。だが、このほっこりは本当のほっこり。なぜならこの「アトムより」が収録されている「ATOM」は全体として鬱々としているからだ。最後に演じられるこの「アトムより」は前までのコントを踏襲してるんだけど、そのほっこり具合が半端ない。救われる。バッテリーあったかなぁ?

  • 小さな会社

これもいい話。コバケンの物まねが見もの。コバケンはこういうモノマネしれーっとするけど、実は超練習してるよって片桐がばらしてた。ユパ様の事をこのコントで知った後に、本家のナウシカを見たから、ユパ様のシーンで笑ってしまった。

  • レストランそれぞれ

二人で出来ない演劇を二人でやることによる面白さみたいなメタ的な笑いと、そのコント自体の笑いがあって好き。完成度高い系のやつです。

  • 音遊

音と遊ぶと書いておんゆう。このコントは無限に見れるやつです。youtubeでローテしてください

リストに入れたけど、このコントは公演を通して見ないと意味が分からない。というかラーメンズは公演を通して見てほしい。こんな個別にリストにしといて、しかも最後になんてこと言うんだって感じだけどそれが本音。公演を通してじゃないと世界観とか伏線とか分からないんでマジで通して見てください。そのあと好きなやつを見ればいいじゃない。このコントはジーンと来る。そして意味が分かったときに感動する。そういういいコントです。

 

 

 

wikipediaを見ながらリストを作ったんですけど、どれも名作でワロタって感じでした

これリストで抽出する必要あるか?って感じだったので、今度書くときは、一つの公演に着目して全部の作品についてなんか書ければいいと思います。